6死8生

┏━━━━┯━━━━┓
┃├┼┼┼│├┼┼┼┃
┃├・│├・┃
┃├┼│┼┃
┃├┼│┼┃
┃├┼│├┼┃
┃├┼│a┼┃
┃├┼│b┼┃
┃├・│├・┃
┃├┼│┼┃
┃├┼│┼┃
┃├┼│├┼┃
┃├┼┼┼│├┼┼┼┃
┠────┼────┨
┃ (1) │ (2) ┃
┗━━━━┷━━━━┛
 2線の石は図(1)に示すように8本並べばこのまま活きています。
 図(2)白1ハネ・白3ハネには黒2・黒4オサエて心配要りません。
 黒2と黒4の間にはまっすぐな空間が4目あって白aなら黒b、白bなら黒aと打つことによって2眼できます。
 このようにフトコロの形がまっすぐな4目を直4目または板4目といいます。
 2線で8本並んだ石は、相手から打たれても直4目で活きることができます。

┏━━━━┯━━━━┯━━━━┓
┃├┼┼┼│├┼┼┼│├┼┼┼┃
┃├・│├・│├・┃
┃├┼│┼│┼┃
┃├┼│├┼│├┼┃
┃├┼│┼│┼┃
┃├┼│├┼│├┼┃
┃├┼│┼│┼┃
┃├・│・│・┃
┃├┼│├┼│├┼┃
┃├┼┼┼│├┼┼┼│├┼┼┼┃
┠────┼────┼────┨
┃ (3) │ (4) │ (5) ┃
┗━━━━┷━━━━┷━━━━┛
 図(3)2線に並んだ石が6本の場合は、自分から打っても活きることができません。
 図(4)黒1サガリとフトコロを広げても白2ハネで活きることができません。
 この後、黒3オサエでも白4オキで3ナカの死です。
 敵の急所は我が急所と図(5)黒3と眼をもってみても白4ハイで1眼の死です。
 2線に並んだ石は6本では死、8本で活きなので6死8生と言われています。

┏━━━━┯━━━━┯━━━━┓
┃├┼┼┼│├┼┼┼│├┼┼┼┃
┃├・│├・│├・┃
┃├┼│┼│┼┃
┃├┼│├┼│┼┃
┃├┼│├┼│├┼┃
┃├┼│├┼│┼┃
┃├┼│├┼│├┼┃
┃├・│・│・┃
┃├┼│┼│┼┃
┃├┼│├┼│├┼┃
┃├┼┼┼│├┼┼┼│├┼┼┼┃
┠────┼────┼────┨
┃ (5) │ (6) │ (7) ┃
┗━━━━┷━━━━┷━━━━┛
 図(5)のように2線に7本並んだ場合は早いもの勝ちです。
 黒から打てば図(6)黒1サガリで活きます。
 白2ハネには黒3オサエで直4目の活きです。
 なお、黒1サガリは2にサガリでも同じです
 白から打てば(7)白1・3ハネ、ハネで3ナカの死になります
 ハネる順番はどちらからでもかまいません。

┏━━━━┯━━━━┳━━━━┯━━━━┓
┃┌┬│┌┬┃┌┬│┌┬┃
┃├┼│├┼┃├┼│┼┃
┃├┼│├┼┃├┼│├┼┃
┃├・│├・┃├・│・┃
┃├┼│┼┃├┼│├┼┃
┃├┼│┼┃├┼┼┼│├┼┼┼┃
┃├┼│├┼┃├┼┼┼│├┼┼┼┃
┃├┼┼┼│├┼┼┼┃├┼┼┼│├┼┼┼┃
┠────┼────╂────┼────┨
┃ (1) │ (2) ┃ (3) │ (4) ┃
┗━━━━┷━━━━┻━━━━┷━━━━┛
 2線の石は6死8生ですが、2線の石の端が2の1にある場合は4死6生となります。
 すなわち、図(1)6本並んだ場合は相手から打たれても図(2)のように直4目の活きになり、図(3)4本しか並んで以内場合は自分から打っても図(4)のように3ナカの死になります。
 5本並んでいる場合は早い者勝ちで自分から打てば直4目の活きになり、相手から打たれると3ナカの死になります。

┏━━━━━┯━━━━━┯━━━━━┓
┃├┼┼┼┼│├┼┼┼┼│├┼┼┼┼┃
┃├┼┼│├┼│├┼┃
┃├┼┼│├┼│10┼┃
┃├┼┼│├┼│┼┃
┃├┼┼│├┼┼│11┼┃
┃├┼┼│├┼┼│┼┃
┃├┼┼│├┼┼│┼┃
┃├┼┼│┼│├┼┃
┃├┼┼│├┼│├┼┃
┃├┼┼┼┼│├┼┼┼│├┼┼┼┼┃
┃├┼┼┼┼│├┼┼┼┼│├┼┼┼┼┃
┠─────┼─────┼─────┨
┃ (1) │ (2) │ (3) ┃
┗━━━━━┷━━━━━┷━━━━━┛
 3線は4死6生で図(1)のように3線に6本並んだ石は、このまま活きています。
 図(2)白1・3ハネツギは黒4・6ハネカケツギで活きます。
 図(3)白1サガリも黒2オサエでフトコロが足りています。
 この後、白3・5ハネツギには、同型の中央に黒6と打ち、黒の先手セキになります。

┏━━━━━┯━━━━━┯━━━━━┯━━━━━┓
┃├┼┼┼┼│├┼┼┼┼│├┼┼┼┼│├┼┼┼┼┃
┃├┼┼│├┼│├┼│├┼┃
┃├┼┼│├┼│├┼│├┼┃
┃├┼┼│├┼│├┼│├┼┃
┃├┼┼│├┼┼│├┼┼│├┼┼┃
┃├┼┼│├┼┼│┼│├┼┃
┃├┼┼│┼│├┼│├┼┃
┃├┼┼┼┼│├┼┼┼│├┼┼┼│├┼┼┼┃
┃├┼┼┼┼│├┼┼┼┼│├┼┼┼┼│├┼┼┼┼┃
┠─────┼─────┼─────┼─────┨
┃ (1) │ (2) │ (3) │ (4) ┃
┗━━━━━┷━━━━━┷━━━━━┷━━━━━┛
 左図(1)のように3線の石が4本しか並んでいない場合は、活きることはできません。
 図(2)黒1・3ハネサガリでも図(3)黒1・3ハネカケツギでも図(4)黒1・3ハネツギでも白4・6ハネツギで2眼作ることができません。

┏━━━━━┯━━━━━┯━━━━━┯━━━━━┓
┃├┼┼┼┼│├┼┼┼┼│├┼┼┼┼│├┼┼┼┼┃
┃├┼┼│├┼│├┼┼│├┼┼┃
┃├┼┼│├┼│├┼┼│├10┼┃
┃├┼┼│10┼│├┼┼│┼┃
┃├┼┼│┼│├┼┼│┼┃
┃├┼┼│13┼│├┼│┼┃
┃├┼┼│12┼│┼│├┼┼┃
┃├┼┼│┼│┼│┼┃
┃├┼┼┼┼│11┼┼┼│├┼┼┼│├┼┼┼┃
┃├┼┼┼┼│├┼┼┼┼│├┼┼┼┼│├┼┼┼┼┃
┠─────┼─────┼─────┼─────┨
┃ (1) │ (2) │ (3) │ (4) ┃
┗━━━━━┷━━━━━┷━━━━━┷━━━━━┛
 左図(1)のように3線に石が5本並んでいる場合は早い者勝ちです。
 左図(2)白1・3ハネツギを打たれると黒は活きるスペースがありません。
 この後、黒4・6ハネカケツギが劫含みのネバリを見せた手ですが、白7オキで劫にならず3ナカの死になります。
 黒から打つ場合は、無条件に死ぬのは避けることができます。
 図(3)黒1・3ハネカケツギが劫ネバリの手で、白4アテには黒5と劫にハジキます。
 図(4)黒1・3ハネサガリでも白4オキで劫は避けられないようです。
 黒にとって図(3)の方が図(4)よりネバリがありますが、劫の取り番は図(3)は白、図(4)は黒ですから一長一短です。
inserted by FC2 system