ちんろう

珍瓏

 珍瓏(ちんろう)とは、グルグル回しの手筋を使ってシチョウの追う方向を変え、碁盤全体にわたって碁石が置かれて行く詰め物です。

 珍瓏は、碁盤全体を使うので最終局面までの手数が長く、新・永劫(©森長宏明)のように3000手を超える作品もあります。
 また、最終局面にハート(©中山典之)など美しい模様を表示させる作品もあります。
 hidewさんの珍瓏ページには古今の珍瓏が集められています。
inserted by FC2 system